2011年5月16日月曜日

SqlServer2005のアンインストール

過程がわからないので、どういう順序でそうなっていたかは不明なのですが、とあるサーバにはSqlServerの2005と2008がセットアップされていました。

ちなみに、OSはWin2008Std。

ただ、2005については正しくインストールされていない可能性があるので、一度、アンインストールして再度、インストールしたいとの事。

まずは2005の削除、ということでアンインストールに臨みます。
しかし、「プログラムと機能」の一覧でSqlServer2005が表示されないので、どうしようかと。
ぐぐったところ、http://support.microsoft.com/kb/909967/ja でやり方が示してあったのでその通りに実行。

  1. SQL Server 2005 のインストール元のメディアを用意します。
  2. サポート ファイルをインストールするには、Servers\setup\sqlsupport.msi ファイルをダブルクリックします。
  3. コマンド プロンプトで、次のコマンドを実行します。
    "%ProgramFiles%\Microsoft SQL Server\90\Setup Bootstrap\ARPWrapper.exe /Remove" #ちなみに僕はSetup Bootstrapに移動して「ARPWrapper.exe /Remove」を実行。
     まぁ、同じことだけどね。

すると、見慣れた画面が表示され、無事、対象のインスタンスのみアンインストールに成功。
ここで失敗すると、また面倒だと思ったのですが素直に削除されてくれてよかった。

で、再度2005を入れて無事、作業完了。

0 コメント:

コメントを投稿