2010年12月3日金曜日

レンタルサーバーでBuglogを

インフルエンザの注射を打ってきました。

こんにちは。ビジネスサービス事業部隊長です。
でも重症化予防ワクチンだそうで、罹らないってわけではないそうです。なんか残念・・・

さて、AzureのBlobにアレやコレを保存して幸せになる方法を書く予定でしたが、
色々と重なってしまい追及できておりません。でもやります。近々。

WindowsAzureのアプリケーションは、「http://アプリ名.cloudapp.net/」というURLがあてがわれます。
これだとちょっと長いしドメインも欲しいので、レンタルサーバーを借りる事にしました。

レンサバに入口だけ作ってAzureに誘導、でもいいのですが、
どうせなら動かしてしまえっつことで、
SQLServer2008R2が利用できる且つ安い所を探して見つけたのがここ
月735円でSQLServerも10G。ヤスイネー。

実はちょっと前に別のレンサバに載せようとしたんです。Buglog。
しかし、ユーザー定義テーブル型を使ってたおかげでSQLServer2005には乗らず、
別の方法を考えたもののデータ回りとストアド全修正になるという苦行しか思い浮かばなかったのでそこのレンサバは1か月分だけお支払して撤退です。
社長すみませんm(__)m

話が反れました。
で、今回は2008R2ですからユーザー定義テーブル型もばっちりです。
ローカル環境からも問題なくテスト完了、さあデプロイだ!


















System.Web.DataVisualization? デジャヴ?

で、先方にお問い合わせしました所、mschartは現状使えませんと。
インストールは会議にかけねばならんそうでして、結果は1週間以内にわかるようです。

また使えんかったらどうしましょうかね。
チャート出すページだけAzureにすっか。


0 コメント:

コメントを投稿