2010年11月1日月曜日

AzureでのBinaryデータの保存先

こんにちは。ビジネスサービス事業部隊長です。
最近寒すぎます。雨も多くてチャリ通勤できません。

さて、BugLogでは情報に画像やファイルを添付する事ができます。
保存先はSQLServerのvarbinaryのカラムに入れていたのですが、
SQLAzureのWebEditionではSQLServerは1Gか5Gです。
現在250KBまでの制限にしてはいますが、最悪4000枚程度の画像で1Gになってしまいます。

BusinessEditionにすれば50Gまで拡張できますが、
CP的によろしくありません。(おおよそ1000円×50=50,000円/月!)

そこでStorageのBlobです。
こっちは全然安い。1Gあたり14.7円/月です。
1T使ってても14,700円です!
IOもSQLAzureより速いんでしょ?

というわけで次回はStorageへのバイナリデータ保存と、
うまい使い方について書きます。


短くてすみません。まだ確立できてないので・・・

0 コメント:

コメントを投稿